2013年11月06日

新青魔法 VU20131105

131106_a.jpg
生きてます!

実は9月末にある意味"人生の転機"と言いますか、とても大きな出来事がありまして、春先頃からその準備に追われ慌ただしい夏〜秋でした。
決してモンハンとポケモンのせいでは…ごふごふ。

厳密には今も年末の引っ越しに向けた準備に追われております。
ここのところFF11は週末に固定活動だけ遊ぶような日々でしたが、特別まるっと長期間離れていたりはしていません。ふわっと現役です。

正直に申しますと新生14にも少し手を出していたのですが、結局9月はモンハンばかりやってたので今は課金していません。
特別親しいコミュニティがあるわけでもないので、このままイレブンビーフに戻りそう。
14は青魔道士が追加されてティソーナがプレイヤー用の武器になったら考えよう。


11/5は久々のFF11大型VU、待望のRME強化や青魔法追加、新エリアに新七支公、新装備、新BC、新AFなど今回はやることが多いのでじっくり楽しめそうです。

久々のラーニングは楽しかった。
神コンテンツのブレンナーで細かく調査。


131106_f.jpg
N.メディテイト(ネイチャーメディテイト)
チャプリ族
追加特性:物理命中率アップ(これひとつで発生)

殴り青待望の共鳴の上位魔法。
攻撃力+20%、効果時間60秒という本当に共鳴IIのような魔法。
サポ戦でバーサクも併用すれば攻撃力だけなら暗黒にも肉薄します。

ステータスはシャンデュ向け、魔法自体はレクイエスやエクスピアシオン向け、セットするだけで命中+14と、殴り青に優しいイケてる魔法です。
僕はバニティ、リップ、共鳴を外してレギュラー入り。

今回の青魔法は単体で追加特性が発動するモノが多いです。
これもしかして他の魔法と合わせれば2段階特性行くんじゃないの!?と思って組み合わせてみましたがそんなことはありませんでした。残念。



131106_g.jpg
T.アップヒーヴ(テンペストアップヒーヴ)
トウィザリム族
追加特性:物理回避率アップ(これひとつで発生)

今回の魔法系青魔法では唯一追加効果がありません。
本家にはあったノックバックも何故かなし。

しかしその分威力は高め。
ホイスカーには劣りますが、フルハゴンBBなど交えて撃てば消費MPに見合った威力は出ます。

最大の特徴は詠唱時間が1秒と魔法系にしては異様に早いところでしょうか。
再詠唱時間も10秒程度なので連射が可能な魔法です。
連射したらMPがアレですが…。

今となっては追加特性目当てでセットすることもあまりなさそうだなあ。



131106_h.jpg
エンバームアース
マタマタ族
追加特性:物理攻撃力アップ(これひとつで発生)

個人的に今回のエース。
メナスナイトで仕込みやってる時はなんとなく物理技かと思っていました( ゚Д゚)
ダメージは控えめですが追加効果のスロウがなかなか面白い性能。

効果時間はまさかの3分と青魔法の追加異常にしてはかなり長め。
気になる深度もF.ホールドと同じ25%(おそらく固定)だと思います。
※リレイズのリキャストが0:47から1:01になる。

さらに青魔法異常にしては珍しく優先度が高く、白魔法ヘイストを上書きします。
ヘイストを重ねても効果なしになるので相手のヘイスト予防にも使えます。

ステや追加特性も優秀なので、初見のイメージに反してかなり実用性が高いです。
レイヴソロで乱戦する時にも旋風→夢想花の上書き事故が減ります。



131106_b.jpg
R.デルージュ(レンディングデルージュ)
クラックロー族
追加特性:魔法防御力アップ(これひとつで発生)

他の魔法の優秀さを見た後だったので、「これもしかして複数消すんじゃないの…!」と期待を込めて詠唱してみましたが、ディスペルの消去数は本家とは異なり1個のみ。

威力もT.アップヒーヴに比べると低く、それでいてこの消費MPという有様。
今回の魔法では一番パッとしない魔法かもしれません。
ブレーズバウンドみたいな隠し効果を疑いたくなる。



131106_c.jpg
ファウルウォーター
アクエフ族
追加特性:レジストサイレス(これひとつで発動)

公式情報では範囲攻撃でしたが前方扇状範囲。
ドラウンは29hp/3secのスリップ(青魔法スキル440〜480で変化なし)
ディセバの毒と合わせれば結構な削りに。

ドラウンのSTRダウンは時間減衰なしで固定の-65とかなりのもの。
これとコクーンを合わせればアドゥリンの敵相手でもカチカチです。

効果時間は3分。
欲を言えば前方範囲ではなく範囲だったら…と思ったけど、スリップダメージの存在を考えると範囲よりは良いのでしょうか。
BP4と今回の魔法の中では控えめなので何とか入れてみたい。



131106_i.jpg
レテナグレア
パノプト族
追加特性:コンサーブMP(これひとつで発生)

公式情報では範囲攻撃でしたが前方扇状範囲。
ダメージは控えめ。
エフェクトと音がかっこいい。

最大効果時間はA.バーストと同じ15秒ですが、こちらの方が長時間続くことが多い気がします。再使用時間も10秒ほど早め。

しかし前方範囲というのはA.バーストの運用性を考えるとやや使いにくいなあ。



131106_d.jpg
パラライズトライアド
アンブリル族
追加特性:連携ボーナス(これひとつで発生)

メインブラメンカーの素撃ちでカミールのドスファンゴに700〜1000程度。
消費MPは控えめですが、格下相手には2500ほどまで伸びます。
BC込みであれば格上にも2500くらいまで伸びますが、あくまで低コストの牽制魔法としてデルタスラストに近い運用になりそうです。
悪くはないのですが、BPがもう少し抑え目だったら…。

属性は斬。アポリオンSE2層のカニに0ダメ確認済。

麻痺の効果時間は1分でした。
深度は本家ほどではないですがそれなりに高め。
もちろん「全然ダメだコレ」って時もありましたが、極端な例ではこんな時も。
131106_k.jpg
※極端な例です。



131106_e.jpg
グルーティナスダート
ヴェルク族
追加特性:HPmaxアップ

詠唱時間0.5秒、射程距離はキャノンボールと同等。
再詠唱時間が早く、ある程度ヘイスト強化しておくと再詠唱時間が2秒以下になります。

これを利用すると今の黒のストーン1連射みたいな戦術が可能です。
レイヴで遠距離から巣や壁だけ狙い撃ちしたりもできます。
ストーンに比べると威力が伸ばしにくいですが。

射程が長大なので釣り用魔法としても優秀。
遠隔攻撃とは異なり、障害物を挟んだ対象にも詠唱できます。

属性は突。遠隔魔法。アポリオンSE3層ホネに0ダメ確認済。
これのみ追加特性は組み合わせで発生。



----




今回個人的にレギュラー入りしそうな候補はN.メディテイト、エンバームアース、ファウルウォーター、パラライズトライアド、グルーティナスダートの5点。
ド派手な魔法はありませんが、いぶし銀な魔法が揃っていたと思います。
相変わらず削りの主力は片手剣のままですが。


ノートリアスナレッジの新魔法に関しては、LSのメナスで青アタッカーやらせてもらえそうなので、早ければ今週末辺りに狙ってみようと思います。
個人的にはカルカリアンヴァーヴが気になります( *´艸`)

131106_j.jpg

ティソーナ強化は今のペースだと1か月くらいかかるかもしれないorz
posted by Lem at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | FFXI全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。