2012年10月08日

特級5 Samursk

初級ボスがあっさりだったので次は特級へ。
121007_a.jpg


見た目は白肌に赤紋様のイッグ=アリマ(ガルー族亜種)

クスリゲーのVWだとあの多種多様な技もほとんど印象に残りませんが、
生身でガルーと言われたらそれだけで戦慄しますね(’’


しかし蓋を開けてみると意外と普通の敵でした。
(初級のよりは全然強かったですが)

通常は範囲系で300前後。
コンボ攻撃モーションでも400〜500前後。
盾発動すると0ダメージ。

攻撃魔法はファイアVとインパクトだけだったかも?
終盤発動する連続魔も単体精霊や弱体ガ系が多めという大人しめの挙動。
イージスじゃなくても白が1人いればフォローできそうなレベルでした。
マイティストライクは来なかった(と思う)のでどちらか一択かも。

固有技のアンリレンティングブランド(範囲ダメージ+呪い+アビリティ使用済み)は倒す直前に1回だけ構えが来ましたがそれだけでした。
※呪いは治療不可?

ナ侍狩白学で恐る恐る戦いつつ10分ほど。
ちゃんと中身がいる白魔道士がいて、レギオンのようにダメージカット装備を調節できる前衛2名ならアタッカー盾でも行けそうです。

121007_c.jpg
そしてドロップはこれである。
ボスでシーフ無しはダメですね(゜∇゜;)


◆特級2
実は特級は進行の「2」が一番キツかったです。
マップに点在する赤リーチと黒リーチを「同時に」「10組以上」倒す。
リーチ自体はおなつよ前後。

同時討伐というとサルベージのバフラウ3層のギアズやエイン第二ウィングのボスゴーレムを思い出しますが、あれらのような「数秒以内に倒す」というのはNGで、本当に「限りなく同時に倒す」じゃないとカウントされませんでした。
※考えてみると公式で「同時」と指定されたのはこれが初かも。

マップも広く配置は2色(西に黒/東に赤)で綺麗に分かれているので、ちまちま2匹ずつ持ってきて倒すと15分では終わらず、かといって全部集めるとHP調整が難しい。
これだけは時間ギリギリで項目1の達成で諦めることに。

特級の3と4は単純な討伐系ですが、敵はやや強めで数も多いので少人数だと項目1〜2が限度になりそうです。

121007_d.jpg
posted by Lem at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NM関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。